通水検査が痛いという噂は事実なのか

妊活日記
スポンサーリンク

妊活を始めて半年ほどすぎたころ、美魔女先生に

美魔女先生
美魔女先生

そろそろ出来てもいいころなんだけどな・・・

次回、通水検査しましょうか

と言われました。

ついに・・・きたーーーーー!!

事前にネットでこの情報調べていました。

通水検査とは・・・(卵管造影検査)

不妊治療初期に行う検査として有名なものです。

卵管に生理食塩を流して、卵管の通り具合をエコーで確認するという検査です。

似ている検査で、卵管造影検査というものがありますが、こちらも目的は同じで、違うことといえば卵管に流しこむのが造影剤ということ。

造影剤を流しこむことで、レントゲンが撮れるので、それを見て卵管の通りを確認できます。

この検査には付加効果があり、卵管に水や造影剤を流し込むことによって多少の卵管の詰まりを改善することができます。

そもそもなのですが、なぜ卵管が詰まっていてはいけないの?というお話ですが・・・

卵巣から排卵した卵子は卵管を通り、そこで精子と出会い受精します。卵管を通る間に受精卵は分割をしながら子宮にたどり着き、めでたく着床、となるわけです。

さらっと説明しましたがこんな過程が体内で行われているなんて神秘以外の何物でもないですよね・・・

つまり・・・卵管詰まってたら、道路が行き止まりになっているようなもので(もちろん迂回路なんてものもなく)、卵子は精子と出会えることもなく終了!となってしまうわけです。

なので、卵管が詰まっていた人が、この検査で詰まりが解消されれば、妊娠しやすくなるということで、通水検査、卵管造影検査後の3カ月間は、妊活用語でゴールデン期間と言われているそうです。

じゃあ、ガンガンやったほうがいいじゃん!となると思いますが

この検査、痛いことで有名でもあります。

不妊治療でTOP3に入る痛い検査だとか・・・

本当に通水検査は痛いのか?

病院では、検査説明の動画を見せてもらいました。

動画のなかでひっかかった内容は※人によっては痛みがある方もいますとさらっと出てきた一文。

美魔女先生
美魔女先生

次の生理が来たら、8日目から10日目の出血が終わった日にちに予約を入れてね

とのことだったので、生理が来た日にネットで予約を入れました。

いざ当日、痛かった旦那に迎えに来てもらおうかな~なんて考えていましたが

中国出張で日本にすら居ない旦那。ちぇっ。

まあ大丈夫でしょ~帰りにはご褒美でモスバーガーでも食べて帰ってやろうかと17時に仕事を早退してから余裕をぶちかまして向かいました。

名前を呼ばれて診察室に向かうといつものように

下半身を裸にしてあの椅子に座り待ちます。

「先生きますのでお待ちくださいー」

と看護師さんに言われますが、全然先生が来ない・・・

下半身裸のまま放置されること約10分、お股冷えたよね。

看護師さんもなんか間をつなごうと

「今日いい天気ですね」とか言ってきましたが、なんせ下半身裸の私はそんな状態で会話するのもなんだか恥ずかしいので

「そうですね」しか言えず、会話は広がりませんでした。

しばらくして先生がやってきました。

消毒のために、なにやら大事なところに器具を入れられてごそごそされています。

私はこの段階は痛みはなかったのですが、これが痛い人も居るみたいですね。

美魔女先生
美魔女先生

管入れますよー

何かが体内に入ってくる感覚。気持ちは悪いけど痛くはない。

美魔女先生
美魔女先生

中の風船膨らましますよー

少しすると、なんともいえない圧迫感。

膀胱も圧迫されるのか、排尿したい気分になりましたが、まだ痛みはない。

この膨らんだ風船の先から出ている管から食塩水を出して卵管に流すそうです。

美魔女先生
美魔女先生

お水だしますよー

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

う・・・う!ううう!痛い!

急にやってきた痛み。

生理痛がいきなりMAX値でやってくるような激痛です。

美魔女先生
美魔女先生

でもよく通ってますよーもうすぐですよー

看護師さんには足をがっちり押さえられます。

なんか息が苦しい・・・

たぶん痛みからの酸欠になる一歩手前の状況だったのだと思います。

呼吸が苦しくて、ふーふーとまるで産婦のように呼吸を繰り返す私。

美魔女先生
美魔女先生

はい。終わったので管抜きます

管が抜けると、あの変な圧迫感からは開放されました。

しかし、終わってもまだお腹が痛い。まさに生理痛の痛みに近い。

顔色が悪かったのか看護師さんからは「ベッドで休んでもいいけど、どうします?」

と言われるが、一刻も早く帰りたかったので大丈夫だと言って待合室に向かいました。

そしてお会計で名前を呼ばれて向かうと、

院内処方の抗生剤の個数が合っていないとかでその場で少々お待ちくださいといわれ数分立たされている間に気分が遠くなってきました

あまりの気持ち悪さに、『ちょっと座ってます・・・』と言ったか言わないか聞こえないぐらいの声で告げて待合室に戻りました。

そこからしばらく気分が悪いのでかばんに顔を突っ込んで、丸まっていると

「ベットに行かれますか?」と受付の方に言われましたが、歩ける余裕もなかったので、ここで大丈夫と告げてそのまま約15分ぐらい丸まっていました。

しばらくすると血の気が戻ってきたのか、気分の悪さも落ち着いたのでお会計を済ませて病院を出ましたがまだ若干の痛みがあったのでまた30分の電車移動で意識が遠のいたらなと思い、泣く泣くタクシーを拾って帰ることにしました。

15分ほどタクシーに揺られて帰っていると、家に付く頃にはすっかり痛みもなくなり、そこでモスバーガーを食べ損ねたことをやっと思い出しました。

2時間くらいしたら抜いてねといわれたタンポンを出してみると

生理食塩水で濡れてずっしりと重たくなっていて若干の出血がありましたがもう痛みも全くありません。

教訓:痛いときは素直に休むこと。

結果:不妊治療でTOP3に入るくらい痛い検査でした・・・

卵管の通りはよかったので問題がなにもなく終わったので良かったですが。

しかし・・・別の機会に書くと思いますが、私は別の病院にてこの1年後に卵管造影検査という水ではなくて造影剤を入れるという似た検査をするのですが

そのときは全くもって痛くなかったのです。

そのときの体調や緊張度合いなどでも変わるそうなので、リラックスして挑めるといいのかもしれないですね。

因みに私は美魔女先生にいつも緊張していたのでそのせいかもです。

男の先生はちょっとという方も多いかもですがやたら美人な先生に見られるのも少し緊張するもんですよ。


タイトルとURLをコピーしました