初診予約はアイドルのライブチケット並みに取りずらい?

妊活日記
スポンサーリンク

湿度が70%以上の日本の梅雨に、リングフィットアドベンチャーをガチでやると、滝汗がでます。

ここは、ホットヨガスタジオか?ぐらいの滝汗でした。

私が現在、妊活中に唯一やっている運動。

ゲーム感覚で簡単な筋トレが出来て、さらにストーリーがあり毎回コースなども違うので飽きが来ないというのがすばらしい!!ずぼらな私が6カ月以上続いているのが奇跡に近い・・・(ちなみにこのゲームクリスマスプレゼントに旦那がくれました。運動しろ、という無言の圧力を感じました・・・)

何より家の中で出来るというのがやはり◎ですよね。コロナ自粛期間ホントお世話になりました・・・

そして梅雨で外出れないので結局またお世話になります・・・

そんな今日はネットで体外受精クリニックの初診と戦った時のお話し。(なぜ“戦った”なのかはお楽しみに)

e-ラーニング学習

2つの病院で体外受精説明を聞いた私たちですが、その結果B病院への通院が決定しました。

そしてさっそく初診の予約を取ることに・・・

と、その前にこのB病院ではE-ラーニングでの学習をしてからでないと初診予約が取れません。

流れとしては、説明会→E-ラーニング→初診予約となります。

旦那と二人でパソコンでE-ラーニング学習で動画を閲覧。内容は体外受精ついてのお勉強のようなもや治療の流れについてなので、大体事前にネット等で知識もつけていたため、あまり驚くことはありませんでした。

一番驚いたのは説明会での先生のキャラの方だった。

その話はこちら

4日間の戦い!初診予約

そして、説明会で渡された初診予約用のIDとパスワードを用いてネット予約をしようとURLにアクセスしましたが・・・

あれれー?(思わずコナン君のマネ)

どこ見ても×だよ?

1カ月先の予約までできるようなのですが全部の日程が×に。

んーん、もしかしてe-ラーニング見てすぐは予約出来ないのかな?

明日またやってみるか!

・・・そして次の日の朝9時ごろ

あれれー?(思わずコナン君のマネ)

どこ見ても×だよ?

・・・そしてまた次の日、朝8時すぎごろ

あれれー?(以下省略)

ここでようやくとある可能性に気が付きました。

もしかしてだけど、もしかしてだけど(どぶろっく風)

こ枠の開放時間があってその時間にみんな待ち構えてて予約取ってるんじゃないのーーー??

そしてよくよく予約サイトを確認すると、朝の8時に30日後の予約枠が解放される模様。

例えば今日が6/10だとすると、明日の朝8時になると、7/11の予約ができるようになるシステムになっていることが判明しました。気が付くのが遅い。

そして次の日、朝8時の5分前からパソコンの前で正座して待ち構えていた私。

時刻が8時になる10秒前から、予約するボタンをクリックで連打。

そして8時なった瞬間、予約出来たー!!!!

しかし、私は朝一番の枠で予約を取ろうとしていたのですが、もうすでにその枠は埋まっていたとう恐怖。

みんなパソコン前でクリック連打してたのね・・・

え、これ、人気チケットの予約かなんかですか・・・?

行くの病院ですよ。血液抜かれに行くのがメインですよ・・・?

初診の予約でさ、こうも難しいものなのかと体外受精専門クリニックのハードルの高さを感じた日でした。


タイトルとURLをコピーしました