妊活も人間万事塞翁が馬 車のパンクで幸福が?

妊活日記
スポンサーリンク

最近思うんです。

耐えられる人だから、試練を与えられているのではないかということ。

何が言いたいかというと、私の友人、知人の中で、体外受精までの不妊治療をしている人は私を含め3人いるのですが、その友人も私も全員がメンヘラタイプの女子ではないということ。

3カ月の妊活で旦那が積極的に夜の営みをしてくれないことで、「旦那と私には子供を欲しいという気持ちに温度差がある」とぷりぷり怒っている友人も居ましたが、きっとそういう子にはこんな試練は与えないのではないかと思いました。

人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬なのではないかと最近思うようにしています。

人間万事塞翁が馬

人生における幸不幸は予測しがたいということ。 幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないというたとえ。

元々は故事がもとになっているそうで、ざっくりいうと老人の家の馬が居なくなってしまって、落ち込んでいたら、いい馬を連れて馬が帰ってきて喜んだんだのだが、今度は息子が馬から落馬して骨折して悲しんだら、兵役に行かなくてよくなり死なずに済んだというお話し。高校の古文でやったかな?

つまり、今、子を成せなくて悩んでいることも、いつか大きな幸福になって帰ってくるのではないかと、最近考えているということです。

と、言いますか、こんな考えでもしてないとやってられないんですが・・・

車がパンクしたから、私たちは今日元気

うちのマイカーは、マンションの駐車場にたくさんの車たちと一緒に並んでいるわけなのですが、採卵周期に入ったとある日気晴らしに、旦那と少し遠出をしようと車に向かいました。

すると明らかに遠くから見てもわかるぐらい、一台の車が斜めに傾いているのです。

もしかしなくても・・・うちの車だね・・・

気が付いていない旦那は車に乗り込もうとしていましたが

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

パンクしてるよね・・・?

と声をかけるとやっと気が付き、

旦那
旦那

えええええ!!!!!

とかなり驚きながら落ち込んでいました。

こういう時に、落ち着いているのって不思議なことに女なんですね。

旦那
旦那

ええ!!これジャフ?え!どうするの?

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

とりあえずさ、なんか保険の付帯サービスあると思うんだけど、買った時の一式の書類車のポケットに入ってたよね。

旦那
旦那

なるほど・・・

そしていそいそと書類を家で確認していると、やはり購入時の安心パックのようなもに加入していて、そこにかける電話番号なども書いてありました。

そして、電話して確認すると、スペアタイヤの付け替え対応はやはり、無料で出来るとのことでさっそくその日のうちに業者に来てもって事なきを得ました。

しかし、時間もかかってしまい予定していたお出かは中止、旦那は、くそーあれ食べたかったのにな・・・とぼやいていたので、

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

人間万事塞翁が馬だよ

と最近の私のモットーを披露してやりました。

もし今日出かけていたらお店が休みで無駄足だったかもしれないし、もしかしたら事故にあっていたかもしれない、と言うとなにやらふんふんとうなずく旦那。

えらく気に入った旦那はそこから、しばらく塞翁が馬ブームが来たようで、何かにつけて

旦那
旦那

塞翁が馬だね

と言うようになりました。

私達の出会いも・・・

私が旦那と出会ったのも今思えば、まさに人間万事塞翁が馬的な出来事でした。

私は元同僚の結婚式に同僚仲間と出席していて、その2次会で自他ともに認める超肉食の同僚仲間が「タイプの男性を見つけた!これから3次会しないか誘ってこうと思うんだけど一緒に来てくれる?」

と言われて、ちょっと面倒だなと思いつつしぶしぶ付いて行った3次会で旦那と出会い意気投合。

という、肉食の雌馬にしぶしぶ付いて行ったら、駿馬が釣れたという話だったのです。(同僚と旦那を馬に例えるな!)

そんなわけで、今は辛く苦しいですが、あまり悲しみに暮れず、いつか来る幸福を待ってみようかなと思います。


タイトルとURLをコピーしました