初めての胚盤胞移植周期 前編

妊活日記
スポンサーリンク

最近このお菓子頂きまして、めちゃくちゃ嵌りました・・・

鎌倉紅谷 公式オンラインショップ 404 Not Found

クルミッ子!!

めっちゃ美味しい・・・

残念ながら名古屋では購入できないので、お取り寄せしちゃいました。

うーん、うまい!

ナッツとキャラメルの香ばしさがベストマッチ!!

という私のお菓子大好き話は置いといて、いよいよ受精卵をお腹に戻す日がだんだん近づいてまいりました・・・

お腹に戻す準備

私が通っている病院では、採卵後すぐの新鮮胚移植は行いません。

その理由は、採卵で酷使した卵巣を休めることと、採卵で使用したホルモン剤により子宮が受精卵を戻せる環境ではなくなっているためだそうです。

そのため、移植周期に入るのは生理が来てから。

そして待ちに待った生理ちゃんがやってきて、2日目。

通院の指示があったので、病院へ。

血液検査をし、子宮内膜の状況をエコーで見て、とくに問題ないとのことでそのまま移植周期に突入しました。

ただ特に突入したことにより変わることはあまりなく、

処方されたお薬は「エストラーナテープ」

という皮膚に張り付ける禁煙パッドみたいなサイズのシールのお薬です。

ただ肌に貼るだけでなんか効果あるの??

と思うのですが、しっかり皮膚からエストロゲンを吸収できるようになっているそう

エストロゲンは骨粗しょう症にも関係あるのでその治療で使うこともあるちゃんとしたお薬です。

これを最初は2枚、2日に1回貼り換えで、だんだん4枚、8枚と貼る枚数を増やしていき移植の日を迎えるそうです。

貼る部位は乳腺の近くは避けて、お腹かお尻か二の腕と病院で指定されました。

実際貼ってみると、割と剥がれやすい・・・

インスタなどで拝見すると、防水テープなどで上から保護して貼っている方もいるようです。

私は面倒なのでもちろんそのまま!

剥がれそうになったら絆創膏で上からガードしてました。

しかし剥がれやすいにも関わらず、テープをはがした後は皮膚が赤くガサガサになります。

そのため私は、二の腕→お腹→お尻をローテーションすることに。

そのおかげが思ったより荒れたりもしませんでした。

※二の腕に貼れるのは長袖の季節だけですね。夏は半そでから丸見えなので恥ずかしいかと。

飲み忘れ厳禁!!大事なお薬

1週間ほどして再度病院へ。

先生
先生

血液検査の結果ですが、エストロゲンも上がってきているので移植日決定できます。●日~●日だとどの日が都合いいですか?

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

えっとじゃあ。●日でお願いします。

(そんな軽い感じできまるんかい)

先生
先生

わかりました。では、移植日の5日前からこのルトラールというお薬を朝昼晩飲んで下さい。午前中に飲み忘れがあると移植できなくなりますので、気を付けてください。

あとこの後看護師から当日の説明があります。

採卵と違って移植日は3日ほど候補日をあげられこちらの都合のよいように決めることが出来ました。

実際、採卵の時は3日に1回は通院していたのが、移植周期に入ったら、生理が来たとき、この日の通院、あとは移植日の計3日しか通院しなくてOKなのです!

通院が多くて辛いのは採卵まで、言えると思います。

これはホルモン剤でコントロールするからこそのメリット!

自然周期体外受精の場合は、あまり薬を使用しないのでもっとこまめに通院することになります!

そしてめちゃくちゃ大事なのがこのルトラールというお薬!!

これが着床出来る環境にするためのお薬らしくめちゃくちゃ大事。

これ飲み忘れるとホントに移植中止になるとのこと。

絶対飲み忘れないために・・・

私はこのアプリ使いました。

‎しつこいお薬アラーム - 飲み忘れ防止のお薬リマインダー
‎お薬を飲み忘れたり、もう飲んだかどうか忘れた!、なんてこと、よくありますよね。 このアプリがあれば、もう大丈夫。 飲むまで「本当に」しつこい通知をして、飲んだら記録がちゃんと記録が残ります。 ----- ■ 簡単操作 ■  シンプルな画面でアラームを登録したら、後は指示に従ってワンタップ! 簡単に飲んだか...

これ、キャラクターをおかんモードが選べて、毎日のアラームにおかんが謎のメッセージをくれます。

「お腹すいたからあなたの「エストラーナテープ」食べちゃったわよ」

とか言うのでなかなか面白くて、しつこいアラームなのですがなかなか笑えてイライラしないのでオススメです。

おかんよ、エストラーナテープは食えないけどな。全部飲み薬の設定だからしょうがない・・・

エストラーナテープの副作用??

エストラーナテープを貼りだして、その箇所がガサガサしたり痒いというのはあったのですが、貼り続けているとそれ以外の副作用に気が付きました。

お風呂に入ってシャワーを浴びている際、ふと内もものあたりを見ると

赤紫いろの無数の点々(シャーペンの先で刺したような内出血のあとのような)が足の付け根から膝までぶわーっと広がっていました。

え・・・?きも・・・

ただ痒くもなんともありません。

しかし、初めての移植周期だしこれが薬のせいとも限らない。

疲れや何か変なものでも食べた可能性もある。

病院へも移植日しか行かないし、痒いわけでもないし相談するほどのことではないか。

とこの時は気にしないことにしました。

これが良かったのか悪かったのかはまただいぶ先のお話し。

後編に続く

タイトルとURLをコピーしました