浮かれポンチな私と体外受精の判定日

妊活日記
スポンサーリンク

齢32歳にして、サンドウィッチの“サブウェイ”デビューしました。

私の生まれ育った地元ではマックでさえ市内に1店舗しかないんだもの、電車さえ走っていない地域に地下鉄があるはずもなく、もちろん“サブウェイ“もあるはずがなかった。

大学から上京したものの、注文方法が謎過ぎて、怖くて店に近寄ったことさえなかった田舎者丸出しの私。

ふと最近、私も30超えたし、“サブウェイ”にビビるのは辞めよう!と謎の決意をし

ネットで注文方法を念入りに調べていざ挑戦。

かなりまごつきながらも、なんとか買えた!!!!

“サブウェイ”・・・

うまいやん・・・

照り焼きチキン、うまいやん・・・

週一で通いたい・・・

今まで“サブウェイ”を避けて生きてきたことを後悔したそんな32の秋。

今日は初めての胚盤胞移植後から判定日までの内容になります。

初めての胚盤胞移植後

移植後、ほぼ50%の確率で妊娠出来るということを聞いていたので(30歳で4ABの胚盤胞の場合)、もはや妊娠したような気分で、

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

これで妊娠したらどうする~?名前どうする~?

旦那
旦那

どうしようね~。とりあえず、ベビーちゃんに挨拶しようか。(私のお腹なでなで)

みたいな浮かれポンチな戯言を夫婦でほざいておりました。(どうする~が非常にバカっぽい)

ただ妊活しだしてから、こんな前向きな気持ちになったのは初めてだったので、それだけ私たち夫婦体外受精への期待度が高かったということなのだと思います。

若干気にかかることはと言えば謎の湿疹は相変わらず出ていて、さらに移植後はその湿疹が出ている箇所がやたら痒かったことです。

湿疹が痒いというよりは湿疹が出ている辺りの皮膚全体が痒みに敏感になっていて、お風呂あがりや食後の血流が良くなる時に痒くなり、掻くとその掻いた跡に沿ってみみずばれみたいになる。

という謎の状況でした。

そんな謎の症状も移植6日目ぐらいになりだんだんと落ち着いてきました。

その他これと言って、妊娠初期症状などもなく7日が過ぎ、

ふとフライング検査しちゃお!と

いそいそとお手洗いに向かい、買いだめしていた妊娠検査薬を試してみました。

結果は・・・

・・・

・・・

真っ白!ド陰性!!

うちの妊娠検査薬腐ってるんじゃね?

と疑ってみたりしたものの、当たり前にそんなわけもなく。

胚盤胞移植の方の場合7日目には割と検査薬でくっきり出ている方が多いようなのでこれはもうあかんやつだなと、検査薬を野茂英雄の投球フォームでゴミ箱に投げ込み(メジャーで活躍したプロ野球選手だよ)

ふて寝、ならぬ“ふて漫画”を決行。

明治緋色奇譚をブックオフでまとめ買いして、1日漫画読んでやりました。

そして、自分でも驚いたのですが、次の日、割と元気なんですよね。

もっと落ち込むかな、泣くかな?なんて思っていたのですが人間強くできてる。というか女は強くできているのか?

判定日

陰性がすっかりわかっている状態で、早朝尿をスピッツに採取して病院に向かいました。

(早朝尿じゃなくてもいいけど、膀胱に長く留まっていた尿の方がhcgを検出しやすいんだと)

どうせ、陰性だし、さっさと帰らしてくれ

と思いながらもそんな日に限って全く呼ばれない。

順番抜かされてないか?と不安になるぐらいの頃やっと呼ばれて診察室へ。約1時間半待ちでした。

先生
先生

残念ながら、今回は陰性です

線が1本しか入っていない検査薬を見せられ、

でしょうね!!!残念だと思うなら医療費まけてくれーいいいい。同情するなら金をくれーいいいい。

と思う私。

先生
先生

次の移植はこのまま進めていいですか?

げじげじまゆげ
げじげじまゆげ

はい。お願いします。

先生
先生

では、今日から今あるお薬は辞めて下さい。エストラーナテープもはがしてください。

生理が数日中にきますので、生理が来たら2日目からまたエストラーナテープを貼ってください。

次の通院は、生理の9-11日の間に来てください。

次の通院めっちゃ先まで来なくていいんだ・・・2回目の移植はさらに通院回数少なくなるのね!楽でいいけど内膜の厚みとか見ないのかな?

たぶん私が、内膜薄いタイプの人じゃないから放置なのかもな~

そして、ぺらっとした1枚の用紙を渡されて終了。

あっけないものでした。

病院のトイレにてエストラーナテープを勢いよくはがし捨ててやりました。

因みにぺら紙には冒頭

「今日という日をテスト前のようにドキドキして待たれたことかと思います」みたいなことが書いてあったのですが、この文章きっと頭いい人が書いたんだろな、と思いました。たぶん医院長先生だと思うけど。

知ってる?

別に頭良くない人からしたらテスト前って別にドキドキしないんだよ

ただただ怠いとしか思ってないんだよ。

そして、着床しなかった要因としては染色体の異常で胚の分割が止まったというのが一番考えられる理由だというようなことと、後は夫婦の遺伝子の相性などもある、みたいなことが書いてありました。

切り替え

落ち込んでもしょうがないので、気持ちを切り替え、次の移植の事を考えることにしました。

我ながら、仕事辞めることとか、落ち込んだ時とか切り替えは早い方だと思います。

お金がまたかかってしまって旦那には負担になってしまうけど、どんどん次に行くしかないと思います。

ここまで来たら人生前のめり!後ろを見ても、周りと比較してもしょうがない!

女は度胸じゃ!

と一人喝を入れながら電車で帰宅しました。

タイトルとURLをコピーしました