3回目移植周期 気持ち新たに・・・

妊活日記
スポンサーリンク

気持ち新たに・・・

私的にエヴァンゲリオン的な、タイトルのつもりで付けてみたりみなかったり。

そんな本日はついに迎えた、3回目の移植周期のお話し。

三度目の正直になるのか、二度あることは三度あるなのか・・・

3回目移植周期突入

2回目の判定日から数日、ちゃんと生理ちゃんがやって来てくれまして、3回目の移植周期が始まりました。

今回は、薬が変更になりまして、エストラーナテープからジュリアという飲み薬になりました。

朝昼晩飲まなくてはいけないので、飲み忘れには細心の注意を払う必要があるため、おかん口調でリマインドしてくれるお薬アラームアプリにばっちり時間をセットしました。

https://apps.apple.com/jp/app/id1326572969

おかんよ、私の運命はあなたにかかっているぜよ・・・

おかんはちゃんと毎日それはもうしつこく、リマインドしてくれます。

ありがとう、おかん。

そして、前回の記事で宣言した通り、いくつかの意識改革を実行しました。

前回記事はこちら

なんとなくなのですが、意識が変わったせいか、だいぶ今回は移植に対するモチベーションが高まっているような気がします。

意識改革後 膣剤サプリ試してみた

宣言していた意識改革の、まず1つ目、ラクトフローラの膣剤サプリの使用。

こちら怪しげなサイトからポチリとしたのですが、届いたサプリにはちゃんとした説明書が付いており使い方なんかが詳しく書かれていました。

なんかちゃんとした感じで少し安心。

開けてみると、中には10粒の白いカプセルが入っていました。

カプセルのサイズは普通に飲み薬のカプセルと同じようなサイズで、触った感じは少し柔らかめなカプセルです。

私は治療で使っているわけではなく、独断で使ってみようかなという感じだったで特に使用時間に決まりなどは無いのですが、少し膣に湿り気のあるお風呂上りに使うのがいいようなことが書いてあったので、毎日お風呂上りに使うことに決めました。

実は私・・・

膣剤使うの初めてでして。

最初ちょっとうまく入れれませんでした。

旦那に膣剤入れてる姿を見られたくなかったので、トイレで一人ごそごそ。

膣の位置を確認しないまま、カプセルを指の先に乗せて大体この辺りではなかろうかという場所へ

いきなりえい!っと突っ込んだのですが

あれ?奥まで入らないぞ・・・

と無理やり入れ込もうとして若干痛みを伴いました。

うーん。

もう一回押し込んでみようと、改めてチャレンジするも、柔らかいカプセルが膣内で少し溶けてきていてくっついてしまっていたのでそれ以上入れ込むことはできませんでした。

すると翌日、カプセルの溶けかすのようなものがパンツに結構付いてしまっていたので、やっぱり位置が浅かったのか・・・と反省。

その日からは、少しやり方を変えて、事前に指で位置を確認して、まず指で道を1回慣らしておいてから、カプセルを入れてみるとスムーズに奥まで入れることが出来ました!!

このやり方だと、奥まで入るし、次の日もパンツにカプセルの溶け残りが出てきたりすることもなかったので自分なりに正解かなと思いました。

またサプリの使用感なのですが、小さいカプセルのためか入れ終わった後は違和感、異物感など全くありませんでした。

たぶん夜入れて、寝てる間にカプセルが溶けて、中身が膣を通して子宮までたどり着いていてくれているのだと思います。

効果については、目に見えてどうこうではないので、何とも言えないのですが、移植後の子宮のチクチクが実はこの時感じることがなかったの効いているのかな???ぐいらな感じです。

また詳細は移植後の記事に書きます。

意識改革 運動とゆる糖質制限

前回のフライング検査後、すぐに始めた、運動とゆる糖質制限。

元々運動している方や食事に気を配っている方にはあまり参考にならないと思うのですが。

3週間ので約2キロ痩せました・・・

朝昼は玄米ミックスのごはんを少し食べて、後はタンパク質多めのバランスとれた食事。

1日1時間のウォーキングと40分ぐらいのリングフィットアドベンチャー。

これだけでも真面目にやれば痩せるもんですな・・・あとリングフィットのおかげで結構バランスよく筋肉付いて引き締まりました。

激しい運動もヨガも苦手(体硬い・・・)な私にとっての救世主でした。ありがとうリングフィット。

元々食が太いわけではない私ですが、お菓子の会社で働くほどお菓子好きで、これを控えていたのも大きいかもしれません。

といっても妊活中はずっとお菓子を控えめにしていて1日2.3枚のクッキーぐらいなのですが、それを控えるというのは案外大きいことのなのかもですね・・・

小さな1歩が大きな1歩につながるということなのかもしれません。

意識改革 アルバイトを探す

私は3回目の移植がダメだった場合は、今年いっぱいはアルバイトをしてお金を貯めようと思っていました。

そこで、もしダメだった場合にも早く働けるようにアルバイト探しをスタート。

アラサーですがおしゃれカフェ店員になってやろうと思っていたので、いくつか近場のカフェでめぼしそうなところをピックアップ。

1つ気になったお店があったので判定日で陰性だったら、そこに応募してみようかなと考えました。

しかし、現状の無職期間もあり、早めに何かお小遣い稼ぎしたいなという気持ちも。

そこで在宅で短期で出来るアルバイトも探してみました。

たまたまですが、短期で出来るアルバイトのようなものがあり、さっそく応募してみることに。

(守秘義務あるので内容は言えないのですが)

在宅の簡単なアルバイトだし、もしこれで妊娠が出来たとしてもなんとかこなせるはず!

これで無職からも卒業!!!

いまだに子なし専業主婦に若干の罪悪感を感じていた私は、少しテンション上がりました。

仕事が出来る喜びって案外あるもんなんだな・・・

自分に自信を持つ

意識改革をして突入した三回目の移植周期。

気分が変わっただけなのだが、私的に今までの2回の移植周期に比べるとかなり自分に自信を持つことができるようななった期間だったように思います。

私は昔から自己肯定が低いとよく言われていたのですが、特に妊活沼に嵌ってからは、

どうせ、私なんて・・・

という気持ちが常にありました。

しかし、この期間の気持ちの切り替えにより

もしこの移植でうまくいってもいかなくても、今年の治療は気持ちよく終えられることが出来るような気がしていました。

あと、今回の移植がうまく行かない場合は犬を飼うことを検討しています。

出来ないことに目を向けるのではなく、出来ることに目を向けるのが大事だなと気が付くことのできた有意義な移植周期でした。


タイトルとURLをコピーしました