戦闘態勢フルメイク 3回目移植日

妊活日記
スポンサーリンク

最近友人から、人工中絶をした話を聞き、いろいろと複雑な気持ちになりました。

家庭の事情とかあると思うけど、やっぱり望む方のところに赤ちゃんがやってきてくれるといいのになと思わずにはいられません・・・

アメリカでは人工中絶手術を規制する動きがありますよね。

私としては、やっぱり子供を作ったことに責任はあると思います。

もし授かりたくなければ、ピルの服用とコンドームの使用をダブルで行ってしっかり避妊すべきだと思います。

でもそんな知識がないまま妊娠してしまう若者がいたりすることも事実です。

私自身、ピルで避妊が出来ると知ったのは大学生になってからでした。

(それまではピルは緊急妊娠予防用だと思っていた。つまり間違って中にしてしまった時の、24時間以内のアフターケアの避妊用の薬だと思っていた・・・)

日本の性教育のずさんなところですよね。

せめて避妊方法の知識は保健体育で教えといてくれ!!

しかし、中絶が出来ずに13歳の母的なことが多々起こってしまったらと考えると、規制しすぎるのもどうかなと思います・・・

そして、人工中絶の経験者が不妊になりやすいという誤解が世の中に出回っているそうなのですが、現代の医学においてそれはまず関係ないと思われます。

そりゃ江戸時代や昭和初期に何度も中絶していた人が授かれない体になっていた・・・とかいう話は小説とかで聞きますが、それから何年経って、どれだけ医療技術が進んだと思っているんだと言いたい。

体外受精で子供が産まれる時代に、中絶=不妊という考え方を持つことが古すぎます。

そして、一回も検査薬の陽性反応さえ見たことない私はバリバリの不妊ですが・・・

と、だいぶ語らせてもらいましたが、今日の本編は3回目の移植のお話し。

薬効いてませぬ

3回目の胚盤胞移植周期に入り、薬をエストラーナテープからジュリナという飲み薬に変更していました。

その後、生理12日目の診察日。

先生
先生

エストロゲンの上昇が少ない・・・

と言われて、一日6錠だったのが、一日10錠に変更になり、さらに移植日も少し先に延ばそうということになりました。

同じような作用の薬でも、効果に違いがあったりするのね・・・

確かにエストラーナテープの時に出ていた謎の副作用の太もものぼつぼつが出ていなかったのだが、ジュリナを10錠に変えたらやっぱり謎の湿疹は出現しました・・・

これで謎の太ももの湿疹が薬の副作用というより、エストロゲンに体が異常反応しているということが判明。女性ホルモンに異常反応示すって、私ホントに女なのかな・・・?

しかし、体調の変化には明らかな違いが!!

エストラーナテープ使用時は、いつも移植日の3.4日前くらいにおりものがいわゆる、のびおりという排卵直前の状態がやってきて、胸がパンパンに張って痛いというような状況で移植日を迎えていました。

しかし、ジュリナ服用の今回は、移植前になってもおりものの量は増えることもなく、胸も全くいつものまま・・・

これホントにホルモンバランスうまく行ってるんかな・・・?

同じエストロゲンのお薬なのになぁ・・・

ジュリナ・・・アイドルみたいな名前しやがって・・・(関係ない)

と不安になるぐらいな変化のなさでした。

移植日

そんな中迎えた移植当日。

いつも通り、尿を溜めようと家を出る前からトイレを我慢。

しかし病院に着いても一向に尿意がない・・・

季節は初夏、6月。だいぶ気温も上がり、水分は膀胱まで届かず、汗で排出されました・・・

どうしようかなと思っていると、コーディーネターさんに呼ばれました。

コーディーネター
コーディーネター

(いつもの説明)

今日戻す受精卵は

4AB

4BB

の二つになります。

ついにAの評価の胚もこれで終わりなのね・・・

この時のタイムラプスプラスの動画を保存しておいたので、興味ある方はどうぞ。

どっちがどっちだったか忘れてしまった・・・たぶん分割の速さからして1個目が4ABかと。

因みに私は5day、6day、7dayまで培養している胚盤胞があります。これが何日目かは不明。

正直私にはどっちがABでどっちがBBがまったく見分け付きませんでした。どっちも同じように見える。

コーディーネター
コーディーネター

今日は1番目の移植なので後10分ぐらいで呼ばれるかと思います。

マジか・・・!今日は全然尿溜まってないよ・・・

その後、ルイボスティーをがぶ飲みしましたが、あまり尿意のないまま、移植に突入しました。

すると

・・・・・・痛い!!!

今まで尿意MAXで臨んでいた移植で全くの無痛でしたが、今回は、管か何かを入れられた時生理痛のような鈍痛が・・・

先生
先生

この細いところがちょっと辛いですが、ここ抜ければ大丈夫ですよ

顔や声には痛みを出していないつもりですが、体のこわばりで気が付いたのか先生にそう声をかけられました。

確かに、その地点を通過すると少し楽になり、若干の痛みはあるものの、耐えられました。

やはり尿が溜まっていないせいか腹部エコーが見えずらく、

卵をお腹に戻した後は、経腟エコーでしっかりここに卵置きましたよ~と見せて下さいました。

いつも移植は男の先生だったけど、今日は女の先生だから丁寧だったような気がする・・・

てか、尿溜め大事!!!!

次移植する日が来ないで欲しいけど、もし来たときは尿溜めしっかりしようと心のノートに書き込みました。要チェックやで!!

フルメイク

今回の移植日に私が意識的に変えたことが一つだけあります。

それは、フルメイクして戦闘態勢の私で移植に臨んだことです。

その理由は・・・

赤ちゃんもキレイなお母さんのところに来たいかなと思ったからです。割とくそ真面目にそう思いました。

仕事辞めてから、かなり化粧が適当になっていた私なのですが

この日は、ウォータープルーフのマスカラなんかしちゃってハイライト入れてといつになく気合い入れて行きました。

受精卵たちよ。

これで美人な母だと勘違いして、着床してくれないだろうか・・・

母は待っていますよ。

タイトルとURLをコピーしました