胎嚢確認なるか?判定日後の落ち着かない日々

妊活日記
スポンサーリンク

私昔から喘息と鼻炎が酷かったのですが、その理由はハウスダストアレルギー。

私の母は掃除が苦手だった・・・

掃除機は丸くかけるタイプ。

物が捨てれないので、部屋中物だらけでその隙間に埃が溜まる。

そして埃とダニのダブルパンチでやられる私。

でも埃が体に良くないと説明してもなかなか理解しない両親。

毎年実家に帰省するたびに、一時的に出る鼻水くしゃみ目の痒みどうしたもんかな・・・

小学生だったころ、当時まだ主流ではなかった家庭用空気清浄機(静電気を発生する装置に紙のフィルターを設置するだけという当時の空気清浄機(音もうるさい・・・))を使ったときはアレルギーの血液検査結果がましになってた事があったので、空気清浄機を実家に送り付ければ解決するのだろか・・・?

これ実家用に買おうかな~

もちろん我が家にはダイキンのいい空気清浄機が常にフル稼働しております。

そんなこんなでアレルギーに悩む日々ですが、本日は胎嚢確認の日の話。

胎嚢確認なるか?

陽性判定日からの10日後。

やっと次の診察日がやってきました。

大量出血もあり、正直気持ち的には5割ぐらいはダメかな・・・

と思いつつ、残りの5割には希望を抱いていました。

当日は土曜日を指定されていたので、珍しく旦那に車で連れて行ってもらいましたが、コロナ対策もあり旦那は車で待機。

ダメならこのままケーキを買いに行こうと約束をし、もし胎嚢が確認出来たら駅前のインドカレーでランチして帰ろうと決めていました。

病院に着くと、やはり妊娠判定後の患者さんは先に呼ばれるのか30分も待たずに内診室へ。

ドキドキと不安が綯交ぜになった気持ちで正直体外受精始めてから一番緊張していたかもしれません。

エコー画面を瞬きもせずガン見する私。

ぐりぐりと経腟エコーを左右に向ける先生。

先生の手がぴたりと止まると、明らかに黒くぽっかりと空いた空間が見えその中に輪っかのような卵黄嚢と呼ばれるものが見えました。

実際の画像はこちら。

わ、居た、居てくれた・・・

でも2つ受精卵をお腹に戻していたので、1つはさよならしているということもわかりました。

全然根拠も何もないですが、もしかしたら数日前の大量出血はそれだったのかもしれません・・・

先生
先生

心拍まで見えそうなのでアップします

心拍まで見えるの!!?

そしてアップされたエコー画像の卵黄嚢の輪っかから少し発芽米のようにぴよっと出ている芽みたいな部分がよく見るとチカチカしている様子が見えました。

うわーーーーー

心拍ってこんな小さな芽みたいなのから確認できるんだ!!!!

しかしこれがどう成長するのかは全く想像がつかない・・・

診察室の説明では、今日は5週5日になると言われました。

予定日は3月3日

ひな祭り・・・女の子かな・・・?

心拍の確認は6週から8週にかけて見えるのが一般的だからなかなか成長は順調とのこと。

また前回に行ったBT12のhcgの結果は758。双子でもおかしくないレベルの数値の高さ。

もしかしてやっぱり2つ着床はしていたのかも?と思わずにはいられませんでしたが、

1つの受精卵がここまで順調に成長していてくれるのももう一つの受精卵からの応援もあったのかもと思うことにしました。

双子リスクがあると言われていましたが、私は結果的に2つ戻しの決断をしてよかったと思っています。

着床の確率

私の通っている病院では、30歳前半の4BB以上のグレードの胚盤胞を移植した場合は40%後半くらいの妊娠率があると言われていました。

なので2回に1回は着床は出来るのでは?と何となく思っていたのですが

私の場合は計4つの胚盤胞を戻して(3回目は2つ戻し)、1回の着床でした。

もちろん受精卵の状態は人それぞれだし、グレードはあくまで見た目なので一概には言えないとのことでしたが、私の場合は25%の着床率ということになります。

なので、やっぱり個人差はあるなということ。

先生も1回で妊娠する人も居れば10回で妊娠する人もいると説明会でお話しされていたので、自分が平均値から外れていても当たり前なのだと思います。

私の場合は、多のう胞性卵巣症候群で1回の採卵で57個もの卵ちゃんを得ています。

悶絶した採卵の日の話はこちら

とてもありがたいとこですが、ここまで多いともちろん1つ1つの卵子の質にはばらつきがあるんだろうなということは推測されます。

そのため言い方は悪いのですが、当たりの受精卵を引くまで移植し続けるしかないな、と私たち夫婦は考えていました。

今回は4BBまでのグレードの良い受精卵を戻していきましたが、今凍結されている受精卵たちはもう少しグレードが下がるものになります。

この受精卵を次回戻す時が来たときはもう少し、着床まで時間がかかるのかもしれないなぁとおも思っています。それはまだまだ先の話ですが。


タイトルとURLをコピーしました